公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

第1回「大阪市大 テニュアトラック教員 研究発表会」を開催(12月3日)

第1回「大阪市大 テニュアトラック教員 研究発表会」を開催(12月3日)

プレスリリースはこちら

 平成26年12月3日(水)に学術情報総合センターにて、第1回「大阪市立大学 テニュアトラック教員 研究発表会」を開催します。この研究発表会は、本学が国際公募した5名のテニュアトラック教員が各々の研究について発表を行い、国内の当該研究分野の専門家にコメンテーターとしてアドバイス頂くことで若手教員の研究を更に発展させるきっかけとするもので、今回が初めての開催となります。
 本学は、平成25年度からの5カ年度、文部科学省 科学技術人材育成補助事業「テニュアトラック普及・定着事業」の助成を受けており、若手研究者の自立した研究環境整備を行うと同時に次世代を担うテニュア(任期なし)教員を育成する、テニュアトラック制度の普及・定着を図っています。
 今回は、環境化学、高分子科学、制御工学、微生物学・分子生物学、免疫学の分野のテニュアトラック教員が発表を行うとともに、ポスター展示を行います。若手研究者の先進的な研究について興味をお持ちの研究者や学生の方など、多数のご参加をお待ちしております。

項目詳細
開催日時 平成26年12月3日(水) 13:30 ~ 18:00
開催場所 大阪市立大学 学術情報総合センター1F 文化交流室
大阪市住吉区杉本3-3-138
[アクセスマップ]
内容・プログラム 詳細はこちらをご覧ください
定員 50名(定員になり次第受付締め切り)
参加費 無料
申込方法 氏名、所属、役職または学年、メールアドレス、電話/Fax番号を明記の上、
事務局(担当:原田)mharada@ado.osaka-cu.ac.jp 宛へメールにてお申し込みください
申込締切 平成26年12月1日(月)※定員になり次第受付締め切り
主催 大阪市立大学
関連事業 テニュアトラック教員 研究発表会 ポスター展示
平成26年11月25日(火)~12月10日(水)まで
学術情報総合センター 1F談話・ビジュアルコーナー(入場無料)
参考HP 大阪市立大学テニュアトラック若手人材育成拠点
http://www.otp.osaka-cu.ac.jp/
問い合わせ先 公立大学法人大阪市立大学テニュアトラック普及・定着事業
テニュアトラック若手人材育成拠点 担当:原田
TEL:06-6605-3662 FAX: 06-6605-2058
E-mail:mharada@ado.osaka-cu.ac.jp

 

プログラム

13:30-13:50 開会あいさつ並びにテニュアトラック普及・定着事業紹介
テニュアトラック普及・定着事業運営委員長  宮野道雄 (大阪市立大学 副学長)
13:55-17:50 研究発表 ※<>内は、連携研究科/専門分野

【発表1】
 遠藤智司 (えんどう さとし)
 都市研究プラザ テニュアトラック特任准教授<工学研究科/環境化学>
 「微量有機汚染物質の環境動態解明に向けて ―分配・吸着現象の解析と応用―」

【発表2】
 麻生隆彬 (あそう たかあき)
   複合先端研究機構 テニュアトラック特任講師<理学研究科/高分子科学>
 「ハイドロゲルの接着制御による機能性ソフトマテリアルの構築を目指して」

【発表3】
 蔡 凱  (ツァイ カイ)
   都市研究プラザ  テニュアトラック特任准教授<工学研究科/制御工学>
 "Distributed Control of Discrete-Event Systems"

【発表4】
 山口良弘  (やまぐち よしひろ)
   複合先端研究機構  テニュアトラック特任准教授<理学研究科/微生物学・分子生物学>
 「細菌におけるアポトーシス様細胞死の生理的役割の解明」

【発表5】
 中臺枝里子 (なかだい えりこ)
   複合先端研究機構 テニュアトラック特任准教授<生活科学研究科/微生物学・免疫学>
 「生体における環境ストレスの受容および防御機構を担う分子的基盤に関する研究
 ―線虫C.elegansを用いたアプローチ―」
17:55-18:00 閉会あいさつ