公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

4,000人規模の防火・防災訓練と防災パネル展を実施

プレスリリースはこちら

 平成27年6月5日(金)、杉本キャンパス内の全ての学生と教職員が参加する大規模な『防火・防災総合訓練』を実施します。また併せて、一人ひとりの防災への意識を高めていただくことを目的として、一般の皆さまもご来場いただける学術情報総合センター1階にて防災をテーマとした防災パネル展 「巨大地震への備え~来たるべき災害に備えて~」を開催します。パネル展会場においては、ネパール支援の募金受付を行い、被害を受けた方々への支援を募ります。

内容

大阪市立大学 杉本キャンパス防火・防災総合訓練

 大規模災害の発生に備え、大学のお昼休みの時間帯を利用して、杉本キャンパスの全ての学生と教職員が参加する大規模な防火・防災訓練を行います。震度6強の直下型地震が発生したとの想定で、校舎内からの避難誘導の訓練や、昨年度新たに導入した「安否確認システム」による携帯電話を介した情報伝達と安否確認の訓練を行うほか、負傷者に対する現場でのトリアージ訓練、レスキューキャリーマットを用いて車椅子使用学生を搬送する訓練など、それぞれの任務に応じた本格的な訓練に取り組みます。

日時 平成26年6月5日(金)12:00~14:30
場所 大阪市立大学 杉本キャンパス(大阪市住吉区杉本3-3-138)
実施内容 震度6強の直下型地震が発生し、学内の各地区で火災が発生したという想定で以下の訓練を行います。
○避難誘導訓練
学生を迅速に安全な場所へ避難誘導する訓練。
レスキューキャリーマット(非常用応急担架)を使用した搬送訓練。
○消火訓練
火災発生時の初期消火訓練、水消火器を使った訓練など。
○救出救護訓練
けが人が発生した現場にて傷病の状況に応じて治療の優先順位をつける「トリアージ」を行い、優先順に基づいて搬送する訓練など。
○通報・連絡訓練
昨年に新しく導入した「安否確認システム」やトランシーバーを使った迅速な情報伝達の訓練。
○広報訓練
被害状況を集約し、報道用発表資料を作成する訓練。
○施設点検訓練
学内の施設設備の被害状況を迅速に把握し、学生や教職員の安全確保に役立てる訓練。

150521-1.jpg 150521-2.jpg 150521-3.jpg
昨年の訓練の様子

パネル展「巨大地震への備え~来たるべき災害に備えて~」および募金活動

 本学の防災への取り組みや、「都市防災教育研究センター」による地域での取り組み、災害拠点病院としての医学部附属病院での取り組みなどの紹介だけでなく、南海トラフ地震などの来たるべき巨大地震への対策として個人でできる備えなどを紹介し、各人の防災への意識を高めます。またパネル展会場において、ネパール支援の募金を募り、被害を受けた方々への支援を呼びかけます。

日時 平成27年5月26日(火)~6月16日(火)まで
【平 日】  9:00~22:00
【土曜日】10:00~19:00
【日曜日】10:00~17:00
場所 大阪市立大学 杉本キャンパス 学術情報総合センター1階
見学料 無料(どなたでもご覧いただけます)
展示内容 ○大阪市立大学における防災への取り組み
○都市防災教育研究センターの取り組み
○医学部附属病院の取り組み
○個人でできる大地震への備え
など、パネルポスター約20点

 150521-4.jpg  150521-5.jpg
 昨年のパネル展の様子