公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

豊臣秀吉が築いた大坂城の構造を確認

プレスリリースはこちら

 大阪市立大学大学院文学研究科の仁木宏教授の研究グループは、地中に眠る豊臣秀吉時代の大坂城の本丸周辺の基礎構造を、詳細な地下調査によって明らかにしました。これまで発掘調査がなされず、絵図などでしか知る手がかりのなかった天守台付近や詰ノ丸南端付近の遺構の存在が物理的に確認されたのは初めてです。
 4年間にわたる今回の調査は、もともと地盤調査などに用いられる「スウェーデン式サウンディング調査」と呼ばれる手法を活用し、およそ300の地点で行われました。この手法によると、地面を掘り起こすことなく地下の石垣や構造物の状況を知ることができるため、史跡に指定されている場合など、発掘が難しい場所での調査・研究の発展に期待できます。

190605-1.JPG
サウンディング調査の様子1

190605-2.JPG
サウンディング調査の様子2

190605-3.JPG
記者発表の様子

190605-4.JPG
成果発表を行う文学研究科 仁木宏教授(写真右)と理学研究科 三田村宗樹教授(写真左)