公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

神秘的な翡翠色の花!プヤ・アルペストリス観察会

神秘的な翡翠色の花!プヤ・アルペストリス観察会

 理学部附属植物園は、2019年6月8日(土)および6月15日(土)に「プヤ・アルペストリス(ヒスイラン)」の観察会を開催しました。
 プヤ・アルペストリスは、南米アンデス山脈の3000ⅿ級の高地に育つパイナップル科の植物で、数年に1度しか開花しない珍しい植物です。今回は2年ぶりに当園で開花したことを記念し、観察会を開催しました。両日ともあまり天候に恵まれず、8日は小雨、15日は強風の中での観察会となりましたが、8日は55名、15日は32名の参加がありました。
 プヤ・アルペストリスの和名「ヒスイラン」の名付け親である大阪市立大学名誉教授・当植物園元園長の岡田博氏が説明書や珍しい写真・絵画など多くの資料を用意し、プヤ・アルペストリスについて熱弁を振るいました。
 参加者は多くの質問をしたり、好奇心を満たしながら、花の匂いをかいだり蜜をなめたり、撮影をしたりと充実した観察会を楽しまれていました。

190619-1.JPG
プヤ・アルペストリスを撮影するみなさん
190619-2.JPG
雨の中の観察会
190619-4.JPG
解説する岡田博名誉教授
190619-3.JPG
観察会の様子

関連サイト

・理学部附属植物園Webサイト
・理学部附属植物園公式facebook