公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

教えて!肝臓病の新常識 市民公開講座を開催

 2019年7月28日(日)、TKP心斎橋駅前カンファレンスセンター11階において、本学医学部附属病院および一般社団法人 日本肝臓学会の共催イベント「日本肝臓学会 近畿地区市民公開講座」が開催され、会場には160名を超える参加者が集まりました。
 世界保健機構(WHO)は毎年7月28日を世界肝炎デーと定め、ウイルス性肝炎(B型肝炎・C型肝炎)のまん延および患者・感染者への差別・偏見の解消、感染予防の推進を図ることを目的とした啓発活動を行っています。大阪府肝疾患診療連携拠点病院である大阪市立大学医学部附属病院も、広く一般の皆さまに肝臓病についての知識を深めていただこうと、さまざまな企画を用意しました。

190805-1.JPG
榎本 大准教授による開会あいさつ

190805-2.JPG
会場の様子

公開講座

テーマ講演者
飛躍的に進歩したB型・C型肝炎治療 大阪市立総合医療センター 肝臓内科部長 木岡 清英先生
脂肪肝と言われました。どうしますか? 大阪市立大学医学部附属病院 肝胆膵内科 森川 浩安先生
肝臓を画像でみてみよう! 大阪市立大学医学部附属病院 肝胆膵内科 打田 佐和子先生
肝臓がん治療も進歩しています 阪和住吉総合病院 副院長・消化器センター長 矢田 豊先生

190805-3.JPG
木岡 清英先生

190805-4.JPG
森川 浩安先生

190805-5.JPG
打田 佐和子先生

190805-6.JPG
矢田 豊先生

パネルディスカッション(「のり」とおしゃべりしよう!のコーナー)

  河田 則文教授のトークを交えながら、参加者から寄せられた質問に対して専門家がアドバイスや解説を行いました。

190805-7.JPG

190805-11.JPG

フィブロスキャン体験コーナー

190805-8.JPG


食事と栄養コーナー(協力:大阪市立大学生活科学部食品栄養科学科 学生)

190805-9.JPG

190805-10.JPG