公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

新型コロナウイルスに対する学長から学生・教職員の皆さんへのメッセージ(第9報)「この夏、無策で緩むと取り返しのつかない第2波が!」

2020年07月29日掲載

法  人

2020年7月21日
(7月29日更新)
学長 荒川哲男
Tesuo Arakawa
President

この夏、無策で緩むと取り返しのつかない第2波が!

200408_gakucyou.jpg
学長 荒川哲男
Tetsuo Arakawa President

  夏が来ればコロナは弱ると信じていた。甘かった!こいつはどこまで予想を裏切るのか。そもそもこんなに被害が拡大するとは。すでに世界で1000万人以上が感染し、50万人以上が死亡している。そして留まることなく増え続けているのだ。日本は決して例外にはならない。緩むと第2波は必ずやって来て、間違いなく第1波より大きくなる。
 しかし希望はある。検査・予防・治療の研究は着実に進歩しており、本学で開発した抗体検査薬が国で有力候補に選定された。この研究を元に、ノーベル賞学者の山中伸弥先生チームと予防・治療薬の開発に取り組んでいる。世界も競って解決に邁進している。トンネルを抜けるのは遠くはない。それまでは気持ちを引き締め、第1波で学んだ新しい生活様式を守って、明るい未来を笑顔で迎えよう! 

★予防の基本

飛沫からの直接感染は注意されるが、ウイルスの付着部位(飛沫が落ちたところや感染者が触ったところ・もの)からの接触感染は軽視されがちになるので注意

  1. マスク、手洗い(できれば洗顔も)、うがいの励行:正しい方法で行うこと
  2. 人との距離を2メートル以上あける(ソーシャルディスタンス)
  3. 3密(密閉、密集、密接)を避ける

★最近の感染拡大ポイント

「若者」の「夜の街」での感染が拡大しています。

  1. 5人以上の宴会・飲み会は控える
  2. 換気の悪い、狭い空間で、飲食をしながらの、大声での会話は控える
  3. 大皿から直接、料理をとったり、お酌や回し飲みは行わない
  4. 感染予防対策をとっているお店(「感染拡大防止宣言ステッカー」・「大阪コロナ追跡システム」QRコード貼付店)を利用する

★お出かけのポイント

  1. 東京都など感染流行地域への旅行や出張は控える
  2. 山や海など屋外や、入場制限や換気がしっかりされているところを選ぶ
  3. 満員電車など3密となりそうな移動はできる限り避け、可能なら車移動をする
  4. 合宿やゼミ旅行など団体旅行は控える
  5. 体調不良の人がいたら、キャンセルをためらわない
  6. 旅先でも体温計やマスク、アルコール消毒液を携帯する

【これまでの学長メッセージ】