公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

令和3年度の授業方針について(第5版:大阪府への緊急事態宣言期間延長を受けての対応)

学生の皆さま
保護者の皆さま

令和3年度の授業方針について
(第5版:大阪府への緊急事態宣言期間延長を受けての対応)

【改訂趣旨】
大阪府への緊急事態宣言期間が延長されたことを受け、真にやむを得ないものを除き、すべての授業について遠隔授業とする臨時的対応期間を6月20日まで延長します。
(改訂趣旨は当該変更のみです。)

 令和3年度授業については、感染防止対策を徹底した上で『対面授業(混合授業を含む)』を基本として、授業を開始したところです。しかしながら、直近の新型コロナウイルス感染症拡大を受け、大阪府から授業のオンライン化の要請を受け、更に大阪府への緊急事態宣言発出されたことを受け、真にやむを得ないものを除き、すべての授業について遠隔授業としていますが、今般、大阪府への緊急事態宣言の期間が再延長されたことを受け、現在の授業形態を継続いたします。今回の延長で、対面授業への復帰を心待ちにされていた皆さまに対しては心苦しく思っていますが、ご理解の程お願い申し上げます。
大学は単なる授業提供の場ではなく、学生同士また学生教員の結びつき、交流など様々な場であることも肝要と考えていますが、直近の状況に鑑み、以下のようにさせていただきますので、ご理解の程お願い申し上げます。

1.変更内容

〇期間

大阪府への緊急事態宣言発令期間〈~6月20日(日)〉 ※
※:大阪府への緊急事態宣言発令期間が再度延長されれば、その日程に沿い延長されます。また、本臨時的な対応の終期は大阪府への緊急事態宣言期間の終期を想定していますが、その後の対応については、その時点での状況に鑑み、改めて検討する予定です。

尚、学年暦は当初予定通りとし、前期期間終了日の延長は行わない予定です。

〇授業形態

A)講義・演習(語学):真にやむを得ない科目を除き、遠隔授業に切り替えて実施する。
B)実験・実習・演習(語学を除く):真にやむを得ない科目を除き、遠隔授業に切り替えて実施する。

2.『対面授業』受講について

〇感染拡大防止のため、毎朝の検温に加え、受講時のマスク着用、こまめな手洗い・手
指消毒・うがいの励行をお願いします。また、大学構内においては、感染拡大防止策を徹底し、3密を回避して行動してください。
〇風邪の症状や発熱があるなどの体調不良がある場合や濃厚接触の可能性がある場合は無理せずに授業を欠席し、速やかに所属学部・研究科に申し出てください。また、発熱等の症状が続く場合は、医療機関を受診してください。
〇手指消毒用のアルコール消毒液の携帯が推奨されており、本学の学生は安全衛生管理室(学生サポートセンター1F)にて空の容器を持参することで補充することができます。また、建物入口、廊下、教室などに手指消毒用のアルコール消毒液を設置していますのでご利用ください。
〇万が一、感染者が生じる事態になった際に、濃厚接触者の特定を速やかに実施することを目的として教室座席に着席管理システムを導入していますので、授業出席の都度ごとに教室座席に貼付されているQRコードの読み取りを必ず実施してください。
〇授業時に教員からの飛沫を避けるために、講義形態の教室には教卓にアクリル板を設置します。また、授業時には定期的に換気を行います。
〇『対面授業』を実施する教室の履修者数は試験定員(教室定員の約3分の2)以内とし、受講者間の距離を確保します。

令和3年5月28日

教育推進本部長 鈴木洋太郎
教務担当部長  福島 祥行