公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

2020年度採択課題

2020年度 戦略的研究 採択課題

重点研究

異分野融合による新しい研究領域の開拓を目指す挑戦的研究

本学が中心拠点となる可能性が十分見込める研究

2020年度採択課題

研究代表者名 所属 研究課題 課題番号
糸山 浩 理学研究科 「渦」の縦糸と「物理」の横糸で紡ぐ非平衡・不安定系の学理の構築* OCU-SRG2019_TPR01
天尾 豊 人工光合成研究センター 人工光合成研究拠点を利用した二酸化炭素大幅削減に貢献する基盤技術創出* OCU-SRG2019_TPR02
三田村 宗樹 都市防災教育研究センター リスクコミュニケーションによるレジリエントコミュニティ創出拠点の形成* OCU-SRG2019_TPR03
寺北 明久 理学研究科 光と生命:光による生命現象および機能の制御 OCU-SRG2020_TPR01

*は2019年からの継続課題です。

基盤研究

将来発展性の高い基礎的・基盤的研究

2020年度採択課題

研究代表者名 所属 研究課題 課題番号
吉田 朋子 人工光合成研究センター プラズマ照射を利用した広帯域光応答型光触媒の開発 (医療・環境化学への光触媒応用をめざして) OCU-SRG2020_BR01
佐藤 哲也 理学研究科 究極の低エミッション型クロスカップリング反応の開発 OCU-SRG2020_BR02
石井 聡 医学研究科 疲労回復に関わる脳神経メカニズムについての脳磁図研究 OCU-SRG2020_BR03
安房田 智司 理学研究科 脊椎動物の受精様式の進化モデルである魚類を用いた 交尾に伴う精子進化の分子遺伝基盤の解明 OCU-SRG2020_BR04
梁 剣波 工学研究科 パワーデバイスに向けたダイヤモンドとガリウム系半導体接合界面の形成 OCU-SRG2020_BR05
中台(鹿毛) 枝里子 生活科学研究科 既存薬をベースとしたミトコンドリア作用型寿命延伸医薬の提案 OCU-SRG2020_BR06 グローカル
大谷 恒史 医学研究科 制御された細胞死からみた細胞障害性抗がん剤起因性腸炎の病態の解明 OCU-SRG2020_BR07
小柳 光正 理学研究科 光受容タンパク質を用いた新しい GPCR 研究ストラテジーの確立 OCU-SRG2020_BR08
和田 崇之 生活科学研究科 菌株ゲノミクスと人流ビッグデータを繋ぐ新しい感染症分子疫学の導出 OCU-SRG2020_BR09
木村 義成 文学研究科 ソーシャル・マーケティングによる救急搬送の円滑化に向けた社会実験の取組み OCU-SRG2020_BR10
仁木 宏 文学研究科 豊臣期大坂城本丸の調査ならびに復元研究―文理融合プロジェクト― OCU-SRG2020_BR11
小沢 貴史 経営学研究科 市場再活性化の生起と連発 OCU-SRG2020_BR12

若手研究

39歳以下の教員を対象とした本学を特色づける研究

2020年度採択課題

研究代表者名 所属 研究課題 課題番号
北西 卓磨 医学研究科 脳情報の統合をになう神経細胞を標識・操作・計測する新規技術の開発 OCU-SRG2020_YR01
尾島 由紘 工学研究科 リン酸基修飾酵母を用いた有用金属触媒の開発 OCU-SRG2020_YR02 グローカル
清水 康平 医学研究科 ユビキチン修飾系による細胞内抗炎症機構の解明と治療応用 OCU-SRG2020_YR03 グローカル
竹内 宏光 理学研究科 スピノール BEC における位相欠陥の内部状態とその動力学の解明 OCU-SRG2020_YR04 グローカル
田部 博康 人工光合成研究センター タンパク質結晶を担体とした可視光応答性複合型水の酸化触媒系 OCU-SRG2020_YR05 グローカル
藤原 正澄 理学研究科 生体内一細胞温度計測による温度感受性神経ネットワークの研究 OCU-SRG2020_YR06 グローカル
齊藤 紘子 文学研究科 近世大坂の武家地と周縁的社会集団に関する都市社会史的研究 OCU-SRG2020_YR07 グローカル
藤本 康介 医学研究科 新型IgA 誘導粘膜ワクチンの臨床応用に向けた基剤開発 OCU-SRG2020_YR08
梅田 知宙 医学研究科 リファンピシン点鼻薬による認知症の進行抑制 OCU-SRG2020_YR09
東 正信 人工光合成研究センター 非酸化物半導体光触媒を用いた可視光水分解系の開発 OCU-SRG2020_YR10 グローカル

※「グローカル」は大阪市ふるさと寄附金を財源とした「グローカル人材育成事業(研究支援課)」です。

 

外部評価

重点研究成果報告については、最終年度の終了後、各課題につき専門的知識を有する学外者(外部有識者)の書面による評価を受けます。

【2020年度 重点研究】の外部評価は、2021年秋ごろに公表予定です。

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ