公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
研究・産学官連携

環境省 環境研究総合推進費 平成28年度新規課題公募のご案内

2015年10月26日掲載

締切間近

情報

項目 内容
番号 2015102301
団体名 環境省
種別 その他
分類 理系
応募方法 研究支援課経由
募集期間 ~2015年11月05日
URL http://www.jesc.or.jp/
備考 【※学内締切:11月2日(月)※】

詳細はHPをご確認ください。

●研究開発の対象分野
①統合領域
持続可能な社会の実現に向けたビジョン・理念の提示、持続可能な社会の実現に向けた価値観・ライフスタイルの変革、環境問題の解決に資する新たな技術シーズの発掘・活用、災害・事故に伴う環境問題への対応に貢献する研究・技術開発 等
※主に[委託費]で研究を実施しますが、[補助金]で実施する場合もあります。
②低炭素領域
低炭素で気候変動に柔軟に対応する持続可能なシナリオづくり、気候変動への適応策に係る研究・技術開発、地球温暖化現象の解明・予測・対策評価 等
※[委託費]で研究を実施
③資源循環領域
3Rを推進する技術・社会システムの構築、廃棄物の適正処理と処理施設の長寿命化・機能向上に資する研究・技術開発、バイオマス等の廃棄物からのエネルギー回収を推進する技術・システムの構築 等
※[補助金]で研究を実施
④自然共生領域
生物多様性の保全とそれに資する科学的知見の充実に向けた研究・技術開発、森・里・川・海のつながりの保全・再生と生態系サービスの持続的な利用に向けた研究・技術開発 等
※[委託費]で研究を実施
⑤安全確保領域
化学物質等の包括的なリスク評価・管理の推進に係る研究、大気・水・土壌等の環境管理・改善のための対策技術の高度化及び評価・解明に関する研究 等
※[委託費]で研究を実施

●公募区分・概要
[委託費]
(1)戦略的研究開発領域(【戦略的研究】)
・S-15:社会・生態システムの統合化による自然資本・生態系サービスの予測評価
 予算規模:年間約2億円(課題当たり1千万~数千万円程度)
・S-16:アジア地域における持続可能な消費・生産パターン定着のための政策デザインと評価
 予算規模:年間約1.7億円(課題当たり数百~数千万円程度)

(2)環境問題対応型研究領域(【問題対応型】)
 予算規模:年間4千万円以内(近年の当領域における1研究課題当たり平均予算額は年間2千万円程度)

(3)革新型研究開発領域(【革新型】)
 研究代表者及び研究分担者の全員が平成28年4月1日時点で40歳以下であることを要件とします。
 予算規模:年間5百万円以内

[補助金]
(4)循環型社会形成推進研究事業(【研究事業】)※補助率10/10
・一般テーマ研究
 交付額:5百万円以下
・若手育成型研究(研究代表者及び研究分担者の全員が平成28年4月1日時点で40歳以下が要件)
 交付額:4千万円以下/年

(5)次世代循環型社会形成推進技術基盤整備事業(【次世代事業】) ※補助率1/2
 交付額:2億円以下/年 ※補助対象経費の1/2以下の補助金が交付されます。

●応募方法
NEDOのHPをご確認の上、e-Radより応募してください。応募にあたっては、所属機関長の承諾(公印の押印)が必要となりますので、事前に研究支援課までご連絡を頂いた上、平成27年11月2日(月)までに必要書類を研究支援課までご提出ください。

研究支援課内線:3614
sangaku@ado.osaka-cu.ac.jp
※医学部所属の方は、応募方法、学内締切等を含め、医学部外部資金担当へお問合せをお願い致します。