公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
研究・産学官連携

(公財)髙梨学術奨励基金 平成28年度 若手研究助成のご案内

2015年12月21日掲載

締切間近

情報

項目 内容
番号 2015121801
団体名 公益財団法人髙梨学術奨励基金
種別 研究助成
分類 文系
応募方法 直接応募
募集期間 ~2016年02月12日
URL http://www.disclo-koeki.org/06a/00848/
備考 詳細はHPをご確認ください。

●助成対象
(1)歴史学(考古学、 文献史学(絵巻等の視覚史料を含む)、及び美術史)とそれに関連する分野の調査研究
   ・文献史学は、日本を中心とした調査研究を主な対象とします。
   ・美術史は、日本を含む東洋の陶磁、工芸、絵画、彫刻、書跡などの調査研究を主な対象としますが、
    日本の伝統工芸史分野の調査研究も対象として考慮します。
(2)文明興亡史の調査研究
   現代の科学・技術は要素還元論の上に発展してきたが、このため全体を統括する思想や理念がなく、
   それぞれの分野が放置された状況になっている。このような状況に警告を鳴らし、現代社会の将来展望を
   考察する文明興亡史の調査研究を対象とします。
   要素還元論:ある出来事や物を深く考えてみて、なぜそういう出来事が起こったのか、
         なぜこの物が存在しているのかを明らかにするには、その出来事や物を
         構成しているさまざまな要素を探り当てて、その最小単位である要素を
         もう一回つなぎ合わせたり、組み合わせたりすれば分かるという考え方(デカルトが提唱)
●応募資格
平成28年4月1日現在満39歳以下の日本の国籍を有する者
●助成金額と件数
助成総額は、2,000万円程度を予定しています。
※平成27年度の若手研究助成の助成総額実績は、助成件数47件(応募件数89件)、
助成総額2,100万円、1件当り11万円~100万円(平均45万円)でした。
●応募方法
(公財)髙梨学術奨励基金のHPをご確認の上、必要書類(HPからダウンロード)を直接送付してください。
推薦書は、推薦がある場合のみ提出してください。