公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
研究・産学官連携

総合地球環境学研究所 平成28年度 実践プロジェクトインキュベーション研究(IS)およびコアプロジェクト・フィージビリティー研究(FS)の公募について

2016年02月19日掲載

締切間近

情報

項目 内容
番号 2016021602
団体名 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所
種別 その他
分類 全般
応募方法 研究支援課経由
募集期間 ~2016年04月01日
URL http://www.chikyu.ac.jp/rihn/project/recruitment/
備考 【※学内締切:3月25日(金)※】

詳細はHPをご確認ください。

【実践プロジェクトインキュベーション研究(IS)】
●概要
地球環境問題の解決に向けた総合的な研究における新たな研究シーズを発掘することを目的として、地球研及び所外の研究者が共同して行うものです。実践プログラムとして、「環境変動に柔軟に対処しうる社会への転換」、「多様な資源の公正な利用と管理」及び「豊かさの向上を実現する生活圏の構築」の3つがあり、応募の際、希望する実践プログラムを1つ選択して応募して下さい。
●応募資格
国、公、私立大学等の教授、准教授、講師及び助教
●研究費と期間
1件当たり30~100万円程度、平成28年5月~平成29年3月末
※IS以降について
連携機関との調整の進捗を踏まえたうえで、実践FS(年間400万円程度の研究予算)に進展します。
また平成28年度末または平成29年度末の評価結果により、実践プロジェクト(年間5000万円程度の研究予算)への進展を目標とします。
※実践FSに進展した場合、その研究代表者(申請者)は地球研の客員教授または客員准教授となる必要があります。

【コアプロジェクト・フィージビリティー研究(FS)】
●概要
研究体制としてプログラム-プロジェクト制を敷き、コアプログラムとは「社会との協働による地球環境問題解決のために必要な理論・方法論の確立」を行う複数のコアプロジェクトからなり、具体的な環境問題の解決を目指す実践プログラムに属する多数の実践プロジェクトと緊密に連携しながら、研究を進めて行きます。
FSとは、コアプロジェクトの実現可能性(フィージビリティー)を検討するために、コアプロジェクトの提案者が中心となって、地球研の内外の研究者や社会の多様なステークホルダーと共同して実施するものです。
●応募資格
国、公、私立大学等の教授、准教授、講師及び助教
●研究費と期間
1件当たり50~100万円程度、平成28年5月~平成29年3月末
※コアプロジェクトのFSは、地球研の所内審査及び国内外の評価委員で構成される研究プロジェクト評価委員会の審査によって適切と認められれば、地球研の運営会議の承認を経て、コアプロジェクトの本研究を開始できます。
コアプロジェクトは、2-3年間の研究プロジェクトとして実施され、年間1000万円程度の研究予算が支給される予定です。
※コアプロジェクトFSに採択された場合、その研究代表者(申請者)は地球研の客員教授または客員准教授となる必要があります。

【公募説明会の開催について】
・日時:2016年3月9日(水) 11時00分~12時00分
・場所:総合地球環境学研究所(京都市北区上賀茂本山457番地4)
※詳細は添付資料をご確認ください。

【応募方法】
総合地球環境学研究所のHPをご確認の上、必要書類(HPからダウンロード)の作成をお願い致します。応募にあたっては、所属機関長の承認(公印の押印)が必要となりますので、予め、研究支援課までご連絡を頂いた上、平成28年3月25日(金)までに必要書類一式を研究支援課までご提出ください。
※申請される場合は、地球研の研究教育職員と十分に打ち合わせを行っていただき、地球研対応者を申請書に記載願います。

研究支援課内線:3614
sangaku★ado.osaka-cu.ac.jp(★を@に変えて送信ください)

お知らせ