公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
研究・産学官連携

平成31年度 二国間交流事業 共同研究・セミナー募集

2018年06月13日掲載

締切間近

情報

項目 内容
番号 20180612001
団体名 独立行政法人日本学術振興会
種別 研究助成
分類 全般
応募方法 国際交流課経由
募集期間 ~2018年08月24日
URL https://www.jsps.go.jp/j-bilat/semina/jrss.html
備考 詳細はホームページにてご確認ください。

●趣旨
 本事業は、個々の研究者交流を発展させた二国間の研究チームの持続的ネットワーク形成を目指しており、
大学等の優れた研究者(若手研究者を含みます。)が相手国の研究者と協力して行う共同研究・セミナーの
実施に要する経費を支援するものです。

●今回募集する相手国・対応機関
 【A】対応機関との合意に基づく共同研究・セミナー
 ・アフリカ
   エジプト科学研究省(MOSR)/エジプト科学技術開発基金(STDF)
   ケニア国家科学技術イノベーション委員会(NACOSTI)
   南アフリカ共和国国立研究財団(NRF)
   チュニジア高等教育・科学研究省(MHESR)
 ・アジア・中東
   中国科学院(CAS)
   中国社会科学院(CASS)
   中国教育部(MOE)
   中国国家自然科学基金委員会(NSFC)
   インド科学技術庁(DST)
   インド歴史学研究協議会(ICHR)
   インド社会科学研究協議会(ICSSR)
   インドネシア研究技術高等教育省科学技術高等教育資源総局(DG-RSTHE)
   インドネシア科学院(LIPI)
   イスラエル科学財団(ISF)
   フィリピン科学技術省(DOST)
   韓国研究財団(NRF)
   国立シンガポール大学(NUS)
   タイ学術研究会議(NRCT)
   トルコ科学技術研究機構(TUBITAK)
   ベトナム科学技術アカデミー(VAST)
 ・南米
   ブラジル高等教育支援・評価機関(CAPES)
 ・オセアニア
   ニュージーランドビジネス・イノベーション・雇用省(MBIE)/王立学士院(RSNZ)
 ・ヨーロッパ
   オーストリア科学財団(FWF)
   ベルギー学術研究財団(ワロニー)(F.R.S.-FNRS)
   ベルギー学術研究財団(フランダース)(FWO)
   チェコ科学アカデミー(CAS)
   フィンランドアカデミー(AF)
   フランス国立科学研究センター(CNRS)
   フランス国立情報学自動制御研究所(Inria)
   フランス国立保健医学研究所(Inserm)
   フランスヨーロッパ・外務省(MEAE-MESRI)
   ドイツ学術交流会(DAAD)
   ドイツ研究振興協会(DFG)
   ハンガリー科学アカデミー(HAS)
   リトアニア研究評議会(RCL)
   オランダ科学研究機構(NWO)
   ポーランド科学アカデミー(PAN)
   ロシア基礎科学財団(RFBR)
   スロベニア教育科学スポーツ省(MESS)
   スウェーデン研究・高等教育国際協力財団(STINT)
   英国王立協会(The Royal Society)

 【B】オープンパートナーシップ共同研究・セミナー
 ・対象国
   日本と国交のある全ての国(台湾及びパレスチナについては、これに準じて取り扱う。)を対象とした
  二国間交流事業(共同研究・セミナー)

●申請資格
 申請時において、大学及び大学共同利用機関に所属し、原則として常勤の研究者又は常勤として位置づけられている
研究者であること(常勤職の位置づけについては、各機関の定めによります)。
 ただし、所属機関において、研究環境(研究室・設備・人員)の整備等を含め、責任を持って本事業を遂行できると
判断する場合には、常勤でない研究者(科学研究費助成事業の応募資格は必要)でも可能です。

●要件
 対象となる共同研究・セミナーは指定の要件を満たしている必要があります。
 
●支給経費
 ①共同研究
  外国旅費:共同研究目的地(原則として相手国)までの航空運賃、《滞在費等》
  国内旅費:我が国の研究者の共同研究の実施及び成果発表のための国内出張に係る経費
      《相手国研究者に係る経費》
  その他交流経費:消耗品費、謝金、印刷製本費、通信運搬費、会議費(日本開催のみ)、雑役務費など

 ②セミナー
 ・日本開催セミナー
  国内旅費:本会合、準備会(2 回以内)、整理会(1 回以内)に係る旅費《相手国研究者の日本滞在に係る経費》
  開催経費:消耗品費、謝金、印刷製本費、通信運搬費、準備会・本会合及び整理会のための会議費、雑役務費、
  レセプション経費、エクスカーション経費
 ・相手国開催セミナー
  外国旅費:セミナー開催地までの航空運賃、《滞在費等》
  国内旅費:準備会、整理会(各1月回以内)に係る旅費
  開催経費:消耗品費、謝金、印刷製本費、通信運搬費、準備会及び整理会のための会議費、雑役務費など

●学内締切
 2018年8月24日(金)

●学振締切
 2018年9月5日(水)

●申請手続
 申請及びお問い合わせは国際センターまでお願いします。
 内線:3453 メール:grant★ado.osaka-cu.ac.jp (★を@に変えて送信ください)

本申請には日本学術振興会国際交流事業申請のためのID及びパスワードが必要となります。
ID及びパスワードをお持ちでない場合は国際センターまでご連絡ください。