公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
研究・産学官連携

第88回 オープン・ラボラトリー『都市生態系とSDGsの行方 〜予測・評価とその実践に向けて〜』

第88回では、気候変動の緩和・適応に向けた「都市生態系の捉え方・評価・予測・対策・可視化」に焦点を当て、モデルや観測の視点から「水・廃棄物循環と創エネルギー」、「沿岸水域がもたらす気候変動緩和と豊かな生態系の両得」、「台風被害予測と太陽光発電持続利用」そして、分野横断的なデータ分析の視点から、「空間情報技術GISの活用」についてご紹介します。

オープン・ラボラトリーとは?

【産学官連携を目指す“出前”研究室】
 大阪市立大学大学院工学研究科は、産業界、社会との活発な交流を通して、大学における基礎研究のさらなる発展を期するとともに、有機的な「産」・「学」・「官」のパートナーシップを築き、萌芽的、挑戦的な応用研究の開拓によって、大阪市を中心とする地域に密着した新しい産業の創生と育成、都市大阪の再生に積極的な役割を果たすことをめざして、「都市・環境」、「新エネルギー」、「ナノ領域マテリアル・バイオ」、「IT活用」などの重点研究部門についての最新の研究成果、これまで培ってきた基礎研究の成果を、“出前”研究室という形で広く社会に発信します。

項目詳細
開催日時 2022年1月17日(月)
13:30~17:00  受付開始 13:00~
※交流懇親会は直近の社会情勢を鑑みて開催可否を判断します
開催場所 大阪産業創造館 6階 会議室A・B  大阪市中央区本町1-4-5  [アクセスはこちら]
Osaka Metro「堺筋本町駅」下車、「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分)


★オンラインによるライブ配信同時開催(Cisco Webex Events)
※会場参加のお申込フォームと異なりますのでご注意ください。
※社会情勢等を鑑みオンラインのみに変更する場合がございます。
プログラム 詳細はこちらをご覧ください
申込 会場参加(外部リンク)
オンライン参加(外部リンク)
参加費 無料
定員 40名(会場は定員に達し次第締切) ※締切後もオンライン申込は可
問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
 〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館13階
 TEL: 06-6264-9911 FAX: 06-6264-9899
 E-MAIL: ope@sansokan.jp
 受付時間:月~金 10:00~17:30 (祝日除く)

大阪市立大学URAセンター
 〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138
 TEL: 06-6605-3614 FAX: 06-6605-2058
 E-MAIL: sangaku@ado.osaka-cu.ac.jp
主催 大阪市立大学 大学院工学研究科
大阪市立大学 URAセンター
大阪産業創造館(公益財団法人大阪産業局
協力 関西イノベーションイニシアティブ(代表幹事機関 公益財団法人都市活力研究所)

プログラム

時間講演題目講演者
13:30 ~ 13:35 開会挨拶・本日のテーマについて 産学官連携推進委員会
委員長 大島 昭彦
13:35 ~ 13:40 『都市科学教育研究センター(CUES)の全体構想』 都市科学教育研究センター長
相馬 明郎
13:40 ~ 14:10 『水・廃棄物循環と創エネルギー 都市系専攻 
教授 貫上 嘉則
14:10 ~ 14:15 質疑・討論 大島 昭彦
14:15 ~ 14:45 『沿岸水域の気候変動緩和能 -観測データから』 都市系専攻
准教授 遠藤 徹
14:45 ~ 14:50 質疑・討論 大島 昭彦
14:50 ~ 15:20 『沿岸生態系の気候変動緩和能 -生態系モデルから』 都市系専攻
教授 相馬 明郎
15:20 ~ 15:25 質疑・討論 大島 昭彦
15:25 ~ 15:40 休憩(15分)
15:40 ~ 16:10 『太陽光発電の持続利用と将来の台風リスク評価』 都市系専攻
准教授 中條 壮大
16:10 ~ 16:15 質疑・討論 大島 昭彦
16:15 ~ 16:45 『GISを用いた都市生態系に関する空間情報の可視化』 都市系専攻 
准教授 米澤 剛
16:45 ~ 16:50 質疑・討論 大島 昭彦
16:50 ~ 16:55 学術・研究推進本部の活動紹介 URAセンター
山崎 基治
16:55 ~ 17:00 総括・閉会挨拶 産学官連携推進委員会
委員長 大島 昭彦
  閉 会

このカテゴリー内のナビゲーション