公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

OSAKA CITY UNIVERSITY and SDGs

JR西日本×大阪市立大学 第2回まちのにぎわい創出アイデアコンテスト 最終報告会を開催しました!

  • sdgs11

 2020年12月23日(水)、本学とJR西日本による連携企画「第2回まちのにぎわい創出アイデアコンテスト」の最終報告会が開催され、最優秀賞、ベストユニーク賞、特別賞が決定されました。 

201223-2.jpg

           

大阪市立大学とJR西日本による連携企画として昨年度から始まったこのコンテストは、新型コロナウイルス感染拡大の状況から今年度は全面オンラインでの開催となりましたが、さまざまな分野から8組、総勢約40名(ゼミでの参加を含む)のエントリーがありました。テーマは、「より多くの国内外からの来訪者が立ち寄りたくなるような阪和線沿線の魅力・素材の発掘と発信」をテーマとして、新しい生活様式を踏まえたアイデアを募集しました。

提案内容は多岐にわたり、アプリやポータルサイトを活用した新たな情報発信方法の提案、新しい生活様式の実践を前提としてサイクリングやランニング、校外学習を活用したもの、スポーツ・防災・銭湯・未利用地といった地域の新たな魅力に目を付けたものなどさまざまでした。またユニークな着眼点だけにとどまらず、鋭い考察としっかりした分析・調査に基づく提案がなされており、選考が難航するほどでした。

参加した学生からは、「周辺地域について調べたり、実際に足を運んだりすることを通して、地域への理解が深まり、阪和線への親しみも増したように感じた」「企業の方から直接フィードバックをいただけたのはありがたかった」「同じ一つのテーマでここまで多種多様な意見、アイデアが出ることに驚きでした」「0から1を作っていく面白さを知ることができた」「実施を見据えた提案ということで実現可能性について深く考えるよい機会となった」といった、前向きな感想を多数いただきました。
             
JR西日本の担当者は、「いずれの発表も地域の課題を学生ならではのユニークな発想により新しい手法、方向性で解決しようとする前向きで素晴らしいものでした。ぜひ今後のまちづくりの参考にさせていただきたいと思います。」とのコメントをいただきました。

本学とJR西日本は今後も継続して連携を続けてまいります。

結果・発表者一覧は こちらからご覧いただけます。

 

2021年2月2日 掲載

Return to previous page.

Return to SDGs home page.