公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

OSAKA CITY UNIVERSITY and SDGs

「2020年度ダイバーシティ研究環境実現 中間総括シンポジウム」をオンライン開催しました

  • sdgs05

 平成29年度採択の文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」は、大阪市立大学(代表機関)、大阪教育大学、和歌山大学、積水ハウス株式会社の連携機関で取り組みを開始し、4年目を迎えます。この補助事業の中間総括としてこれまでの成果を報告し、海外の先進事例からさらに取り組みを進展させることを目的として「2020年度ダイバーシティ研究環境実現 中間総括シンポジウム」を2月26日(金)にオンラインで開催し、約300名が参加しました。
 シンポジウムの開会挨拶では、4機関長がそれぞれ登壇(一部事前撮影動画)し、荒川哲男学長も機関長として挨拶を行いました。

 第1部では、Sara E Mole氏(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 総長付ジェンダー平等特使、分子細胞生物学医学研究所教授)がイギリスで創設されたジェンダー平等推進のための大学の認証制度「アテナスワン顕彰」を通じた取り組みの成果について講演しました。分子細胞生物学医学研究所は、UCLで初めてのアテナスワン顕彰の銀賞と金賞を受賞し、キャリア開発のトレーニングを女性の80%近くが受講し、セミナーシリーズの女性講演者の人数を最大で50%に増加させました。
 UCLでは、学部・学科で39の受賞実績があり、申請過程で明らかになった男女の昇任比率の格差を解消するために、2017年には昇進基準の改定を行った結果、女性教授職比率が30%以上に向上しました。Mole氏は「私たちの働き方が次世代の標準になり、彼らが昇進したときに、ともに優れた実践を実行できるようになれば」と話しました。

 続いて、アメリカのMolly Carnes氏(ウィスコンシン大学マディソン校WISELIディレクター、医学部 教授、女性健康研究センターディレクター)は、「色の名前と文字の色があっていない場合には、無意識に何色かを認識するために情報が干渉し合って、色の名前と文字の色があっているときと比べて読むのに時間を要する」というストループ効果を例に出しながら、「ジェンダーの固定観念は、人々の暗黙的バイアスに影響を与え、意識的な意図を狂わせることがある」と話し、ジェンダーの固定観念がもたらす様々な女性のキャリアの障壁の事例を挙げ、その解消方法について、研究・調査をもとに説明しました。

 第2部のパネルディスカッションでは、補助事業を通じた女性リーダー育成・上位職登用の仕組みづくりなどについての話し合いがなされ、Mole氏、Carnes氏より、メッセージをいただきました。

詳細はこちら → https://www.wlb.osaka-cu.ac.jp/2021/03/26/report_20210226/

 210402-1 210402-2

2021年4月2日 掲載

Return to previous page.

Return to SDGs home page.