公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
学部・大学院・組織

看護学研究科

変化する社会に対応できる看護実践者・研究者・教育者の育成をめざして

看護学研究科ホームページ http://www.nurs.osaka-cu.ac.jp/nurs/index.shtml

理念

大阪市立大学は、都市・大阪を背景とした市民の大学という理念のもとに開学以来、都市とともにある大学を基に学術文化の発展に寄与してきました。そのような理念を受けて、看護学研究科は都市・大阪の特色をふまえ、本学の看護学教育の伝統である「変わらざる"慈愛の光"ともし継ぎて」の精神を培ってきました。その精神を引き継ぎ、前期博士課程では高度な看護実践者ならびに教育者、研究者を育成し、後期博士課程では看護学の学問体系を構築できる研究・教育者ならびに看護の質の改善のために組織的な指導ができる実践者を育成し、地域および国際社会の健康と福祉の向上に貢献します。
 

学習環境の特徴は、大阪市内にあり交通の利便性を兼ね備えていること、公立大学では最大規模の総合大学で、医学研究科・医学部や医学部附属病院が近くにあり、教育・研究の環境が整っていることです。看護職者の自己向上欲求や知的探求心を充足させていくための場として適した環境を有しています。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

前期博士課程

教育目的
  • 生命の尊厳と人間理解に基づき、専門性の高い看護実践能力と看護の教育、研究能力を有する人材を育成し、地域及び国際社会に貢献する。
教育目標
  • 専門領域における基盤となる理論を追求し、看護実践と研究活動が行える人材を育成する。
  • 専門領域における看護研究に必要な基礎的能力を有する人材を育成する。
  • 専門教育における深淵な知識と高度な技術を備え、専門性の高い看護実践能力を有する人材を育成する。
  • 専門領域において他職種と連携して、相談・調整・教育が行える人材を育成する。
  • 豊かな人間性と深い倫理観を持ち、看護活動が行える人材を育成する。
  • 看護活動を通して、都市大阪並びに近隣諸外国に貢献できる人材を育成する。

後期博士課程

教育目的
  • 看護学の学問体系を構築できる研究・教育者ならびに看護の質の改善のために組織的な指導ができる実践者を育成し、地域ならびに国際社会に貢献する。
教育目標
  • 看護科学を体系化するための研究を国際的な視点から自立して推進できる能力を育成する。
  • 看護ケアの質を保証するために、看護実践を組織的、制度的にマネジメントできる能力および政策提言できる能力を育成する。
  • 看護実践の質的改善に向けて科学的根拠を含む理論と実践をつなぐケアシステムを構築する能力を育成する。

 

後期博士課程

看護学研究科後期博士課程では、看護学の学問体系を構築できる研究・教育者ならびに看護の質の改善のために組織的な指導ができる実践者を育成します。そのために、次に挙げる能力を全て満たす学生を求めます。

  • 幅広い視野と豊かな人間性を持ち、新たな課題を発展的に解決できる創造力をもっている人
  • 看護学における基礎的研究能力や高度実践能力を有する人
  • 学際的な視野にたち看護実践の質の向上と看護学の体系化に主体的に寄与する志と熱意がある人
  • 地域社会と国際社会において看護の発展に貢献する意志がある人

3ポリシー(ディプロマ/カリキュラム/アドミッション)

・ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)については、以下よりご覧いただけます。

専攻構成

看護学専攻

卒業生の進路

看護学研究科
前期博士課程
大阪市立大学医学部附属病院(看護師)、大阪市立大学大学院看護学研究科(特任講師)、大学教員、養護教諭、保健師、看護専門学校(教員) 大阪市立大学大学院
看護学研究科
後期博士課程
大阪市立大学大学院看護学研究科(教員)、大学教員 -