公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

理学研究科

見えないものを見る

理学研究科ホームページ http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/

理念

現代の先端の学問領域の変化に対応し、また、21世紀の社会に広く貢献できることをめざして、研究科全体の再編を1998年4月に行いました。その結果、数学、物理学、化学、生物学、地質学の5専攻が広領域化され、数物系、物質分子系、生物地球系の3専攻にまとめられました。同時に、数理科学、先端材料科学、環境科学の学際的分野も設けられました。

教育課程の特色としては、学部3回生から前期博士課程に入学できる「飛び級」や、優れた研究業績をあげた大学院生は、修了年限を1・2年短縮して学位を取得する制度が挙げられます。また、社会人入試、推薦入試などを通して、多様な人材を受け入れています。

  • 極微の世界から広大な宇宙までを対象に、実験的・理論的手法を駆使して自然界を律する真理を探究します。
  • 自然の存在様式と法則性の体系的学習を基礎に、自然の摂理に触れることへの喜びを教育の原点として、自然科学や最先端科学・技術の振興に寄与できる国際的な視野をもった人材を育成します。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

人材の養成に関する目的:

前期博士課程

  • 鋭い問題意識と解決能力をもち、先端科学・技術の発展と応用展開を推進できる研究者・高度専門的職業人を育成する。
  • 中高教員などの教育職、各省庁、地方公共団体及び民間企業におけるIT、情報、物理、化学、製薬、バイオ、環境などの分野で、研究・開発の中核として活躍できる人材を育成する。

後期博士課程

  • 最先端科学の研究課題を先導的に推進し、世界にはばたく研究者・高度専門的職業人を育成する。
  • 大学、国公立や民間の研究機関及び企業の研究開発のなかで、基礎及び応用研究をリードする研究者、海外を含め、舞台を世界に移して活躍できる人材を育成する。

教育研究上の目的:

  • 極微の世界から広大な宇宙までを対象に、実験的・理論的手法を駆使して自然界を律する真理を探究する。
  • 自然の存在様式と法則性の体系的学習を基礎に、自然の摂理に触れることへの喜びを教育の原点として、自然科学や最先端科学・技術の振興に寄与できる国際的な視野をもった人材を育成する。

各専攻についてはこちらをご覧ください。

アドミッション・ポリシー

大学院前期博士課程

  • 自然科学における専門分野の基礎学力を有し、自然の摂理を解明・理解し、基礎科学的、学際的、あるいは応用的観点から研究を推進することを目指す人を求めます。

大学院後期博士課程

  • 自然科学における広範で高度な学力を有し、自ら新たな問題を発掘し、それを解決する意欲をもち、さまざまな分野で国際的リーダーとして活躍することを目指す人を求めます。

3ポリシー(ディプロマ/カリキュラム/アドミッション ポリシー)

・ディプロマポリシー(学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入の方針)については、以下よりご覧いただけます。

専攻構成

数物系専攻

物質分子系専攻

生物地球系専攻

卒業生の進路

平成23年度実績

理学研究科
前期博士課程
岩谷瓦斯、エルピーダメモリ、クラレ、島精機製作所、積水化学工業、ダイセル、大日本印刷、東洋アルミニウム、東洋炭素、東洋紡績、日東電工、日ポリ化工、日本触媒、野村総合研究所、ブリヂストン、三菱東京UFJ銀行、持田製薬、横浜ゴム、理化学研究所 他 大阪市立大学大学院、京都大学大学院、大阪大学大学院
理学研究科
後期博士課程
(学)近畿大学、(学)四天王寺学園、(株)テクノアース、(有)シュレテック研究所、公立大学法人大阪市立大学、大和製罐(株)、東洋合成工業(株)、独立行政法人近畿職業能力開発大学校、日立オートモティブシステムズ(株)
富士化学工業(株)
-

取得可能資格

大学院理学研究科/
数物系専攻
中学校・高等学校教諭専修免許状〈数学〉(数学コース)
中学校・高等学校教諭専修免許状〈理科〉(理科コース)
大学院理学研究科/
物質分子系専攻、生物地球系専攻
中学校・高等学校教諭専修免許状〈理科〉

この他に、実務経験により、受験資格が得られる免許・資格があります。
研究科において取得できる教員免許については、今後変更される場合があります。