公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

経済学研究科重点研究シンポジウム 日本における福祉国家の原型

2012年03月02日掲載

経済学研究科は、2012年3月9日(金)に、重点研究シンポジウム「日本における福祉国家の原型―格差をめぐる医療・社会政策―」を開催します。現在日本では、「福祉国家の危機」が叫ばれ社会保障の改革が求められている一方で、貧困や格差の拡大が進みつつあります。このシンポジウムでは、現在の格差をめぐる医療・社会政策について考えるために、福祉国家の原型が成立した20世紀前半に焦点をあてます。多数のご参加をお待ちしています。

日時 2012年3月9日(金)
13:00~17:00
経済学研究科重点研究シンポジウム 日本における福祉国家の原型
クリックするとPDFを表示します
会場 大阪市立大学文化交流センター・ホール
(大阪駅前第2ビル6階)
プログラム 20世紀日本における「社会国家」化
高岡裕之(関西学院大学)

戦前期東京における精神医療と社会階層
-王子脳病院の患者記録の分析から

鈴木晃仁(慶應義塾大学)

日本社会政策論史上における社会衛生学の位置
-暉峻義等の所説をめぐって

玉井金五(大阪市立大学)・杉田菜穂(同志社大学)

主催:大阪市立大学経済学研究科
共催:医療・社会・環境研究会


項目 詳細
開催日 2012年03月09日(金)
13:00 - 17:00

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ