公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

夏バテ防止&解消法

2011年09月02日掲載

教育・学生

生活リズムを整え、十分な睡眠をとり、栄養バランスの摂れた食事をして、暑い夏を乗り切りましょう

  • 夏バテとは?
    蒸し暑く高温多湿な環境が続いた時に出現する「だるくて疲れやすい、食欲がない、寝られない」といった不快症状のことです。
  • 夏バテの原因は?

    発汗により、ナトリウム・カリウム・カルシウムなど、身体に必要なミネラルが排泄され、疲労感が現れます。冷房などで、室内外の温度差があると体温調節が難しく、また胃腸の働きも低下していき、冷たい飲み物を多く摂取することになり、消化不良を起こしやすくなります。その結果食欲が低下し、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどが不足していきます。この自律神経の崩れが、夏バテの原因となります。

夏バテを防止、解消するコツ

  1. 生活リズムを整える:就寝・起床を一定にする
  2. 十分な睡眠:冷房の効きすぎに注意(温度27度~28度・湿度40%~50%・外気温度差5度)
  3. 適度な運動:涼しい朝など軽いウォーキング運動を習慣的に行う
  4. 規則正しい食事:3食バランス良く摂取する(就寝前は暴飲・暴食はしない) ビタミンB群・ビタミンCの摂取、疲労回復に乳酸を分解するクエン酸が最適 (豚肉・うなぎ・レバー・枝豆・納豆・豆腐・かぼちゃ・ゴーヤ・トマト・梅干し・レモン・ゆず・酢など) 汗をかいたら、スポーツドリンクなどで、電解質を補給する また、極力冷たい飲み物は控え、緑茶などの温かい飲み物を摂取する
  5. 入浴はシャワーだけで済ませず、ぬるめのお風呂にゆっくりつかる。リラックス効果もあります。

簡単な食事メニュー例

  • 豚しゃぶ(トマトや残り野菜などを添える)
  • かぼちゃの煮物
  • 豆腐のお味噌汁
  • ゴーヤとうなぎのゆずポン酢和え
  • 枝豆
  • 梅干し
            

チラシ