公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

文学部

文学部の 3 ポリシーと学修マップ

学位授与指針 (ディプロマポリシー)

人材育成の目標

  • 人文科学・行動科学の方法や考え方を通して人間、社会、文化、言語の諸事象について深く考えることのできる人材を育成する。
  • コミュニケーション能力を身につけ、国際的、歴史的視野から問題解決をはかる能力を備えた人材を育成する。
  • 教育機関、文化行政、出版・ジャーナリズム、国際交流、情報サービス産業などの第一線で活躍できる専門職業人を育成する。

上記の人材育成の目標を達成するために設置された教育課程において、所定の単位を修得したうえで卒業論文を提出し、厳正なる審査に合格した者に、学位が授与される。

  • 人間の思考と社会・文化の生成発展について考えてみたい人
  • 人間行動の原理と社会のしくみについて考えてみたい人
  • さまざまな言語や文学・芸術について考えてみたい人
  • 論理的思考を鍛え新しいものの見方を求めようとする人

教育課程編成方針 (カリキュラムポリシー)と学修マップ

  • 文学部は、人文科学・行動科学の基礎となる原典、史料、文献などを調査・読解する能力を鍛え、批判的、創造的に問題に取り組む能力を培う。
  • 哲学歴史学科は、人間の思考と社会・文化を根本的・原理的に問う哲学的観点と、それらの本質を時間軸における変化のなかに見出す歴史的観点とを相補的に培う。
  • 人間行動学科は、人間の行動の諸側面を対象とし、それらを観察・調査・実験・フィールドワークなどの科学的手法に基づき解明する能力を培う。
  • 言語文化学科は、さまざまな言語・文学・芸術を対象とし、それらを実証的、学際的に考察し、社会・文化事象に対する深い理解力、優れた言語運用能力や豊かな国際性を培う。

文学部学生は、二回生より各コース (下記参照) に分属して学修を進めます。

生物学科学習マップ

新入生向けカリキュラム紹介メッセージ (文学部の基本方針)

文学部は、人間、社会、文化、言語に関心を持つ人間性豊かな人材の育成のため、哲学歴史学科、人間行動学科、言語文化学科の三学科からなる十三の履修コースを設けています。

  • 哲学歴史学科:哲学コース、日本史コース、世界史コース
  • 人間行動学科:社会学コース、心理学コース、教育学コース、地理学コース
  • 言語文化学科:国語国文学コース、中国語中国文学コース、英米言語文化コース、ドイツ語フランス語圏言語文化コース、言語応用コース、表現文化コース

文学部は、従来より、少人数教育によるきめ細やかな指導体制を採ってきましたが、近年さらに教員と学生による教育促進支援機構が組織され、文学部学生の学修やさまざまな活動をサポートしています。

全学共通科目、文学部専門科目の履修に際しては、『文学部第1部科目履修の手引き』に掲載された「履修例」も参考にしてください。